前光のつよみ施工事例トータルサポート施工の流れ導入シュミレーションよくあるご質問

プライバシーポリシーよくあるご質問

太陽光発電を導入するメリットは?

様々なメリットがあげられますが、エネルギーの自給が可能になるのが大きなメリットです。エネルギーが自給できれば電力光熱費の減少、緊急時用電力の確保、作った電気を売って収益を得るということもできます。
また、作られる電気は発電時に石油などの燃料を使用しないためCO2などが発生しないため、環境貢献にもつながり、企業のイメージ向上にも効果的です。

産業用太陽光発電設備はどんな場所に設置できますか?

太陽光発電システムは、建物の屋根や屋上、壁面、あるいは遊休地など太陽光が当たる場所ならどこにでも設置可能です。 学校や文化施設、庁舎や病院などの公共施設からオフィスビル、さらには工場、倉庫などの産業施設まで、あらゆる場所に設置可能です。

太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)による買取価格はいくらですか?

平成27年度の再生可能エネルギーの買取価格は、10kW以上の非住宅用太陽光が29円/kWhで、7月1日以降が27円kWhとなり、買取期間は20年です。
10kW未満の住宅用太陽光は、出力制御対応機器 の設置義務がある区域が35円/kWh、設置義務がない区域が33円/kWhで、買取期間が10年です。

太陽電池モジュールの寿命はどのくらいですか?

設置場所・条件で異なりますが、平均20年以上とされているため、メーカーの保証も20年付帯しているものがほとどです。ガラスの変色や電気配線の劣化などによって、モジュールの出力は年月を経るごとに少しずつ減少しますが、一般的に結晶シリコン太陽電池のモジュールでは、20年利用しても初年度の9割前後の発電量を維持できるとされています。

太陽電池モジュールの清掃は必要ですか?

太陽電池モジュールの上に乗った砂埃などは雨風で自然に洗い流されるので、日常的な清掃は必要ありません。
しかし、全てが自然に流されるわけではなく、鳥のフンなど落ちにくいものが付着した場合は清掃した方が良いので、定期的なメンテナンスをすることが、効率の良い発電を続けるポイントです。

パワーコンディショナの寿命はどれくらいですか?

パワーコンディショナの寿命は約10年と言われています。
産業用ソーラーを設置し、買取期間が20年に設定されている場合は、期間中にパワーコンディショナが一度は寿命を迎えるため、その対策が必要となります。そのため、パワーコンディショナを選ぶ際は長期的な運用を視野に入れ、メーカー保証やメンテナンス体制を考慮することが重要です。

まずはお気軽にお問い合わせください!0538-84-6363営業時間/平日 8:30〜18:00
太陽光発電に関するご相談や資料のご請求は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お見積もりや相見積もりなども大歓迎。専任担当者が迅速丁寧にご対応いたします。
お問い合わせ・資料請求はこちらから